コンテンツ

板金塗装は時間がかかる?板金塗装の流れとそのいいところとは?

大切な愛車は、乗車距離が長い人ほど、どこかへぶつけて傷が付いてしまっていることもあるでしょう。そんな傷を直す方法としてよく耳にするのが「板金塗装」です。イメージとして「時間がかかる」と思われているかたも多いでしょう。板金塗装は時間をかけて丁寧に行いますからこそ、意味があるのです。今日は板金塗装がどのような流れで行われるのかを中心に、板金塗装をおすすめする理由などを説明していきます。

車の傷は放置しておいてもいい?

車の傷は放置しておいてもいい?

車がどこかに擦ったり他の物と接触したりしてしまい、傷が付いてしまったという経験をお持ちの方は多いと思います。車の中身に問題が無ければ外観に傷があっても乗ることは可能ですが、傷をそのまま放置しておきますと、車はどんどんダメージを受けていくのです。

車の傷を放置しておくとどうなる?

車の傷を放置しておくとどうなる?

車の傷と一言で言ってもその種類にはいろいろあります。傷の大きさや深さ、また傷の付いた場所によって、直さなくてもいいもの、すぐに直した方がいいものと分けられるのです。浅く小さな傷が付いてしまった場合、すぐに修理をしなければならないといったことはありません。少し位の間放置しておいても構いません。

しかし大きい傷や深い傷の場合は、早めに直す必要があります。そのような傷をそのまま放置しておきますと、その傷部分に雨が入り込んだり酸化が始まったりして、ボディそのものが傷んでしまう恐れがあるからです。またバンパーに傷ができた場合、ボディ本体に大きなダメージを与えることはありません。バンパーというのはもともと衝撃を受けとめる部位です。樹脂でできていることが多いですので、少し位の傷は問題ありません。

しかしボディ本体は金属でできていますので、傷ができてしまうと酸化や紫外線による劣化が始まりますので、放置しておくのは危険です。

車の傷を直すには、「板金塗装」が最適

車の傷を直すには、「板金塗装」が最適

できてしまった傷を直す方法は大きく分けるとふたつ。自分で材料を用意し直すという方法と、業者に板金塗装を依頼するというものがあります。やはりおすすめするのは、業者へ板金塗装を依頼するというものです。

自分で直す方法では、傷が上手く消えない場合があります。また色ムラができたり色がそこだけ目立ってしまったりということが発生しがちです。熟練の技術を持った業者に板金塗装を依頼するほうが、仕上がりがよく満足度が高くなります。

板金塗装には時間をかけるから意味がある

そんな板金塗装。イメージとしては「けっこう長い時間がかかる」といったものではないでしょうか?たしかに板金塗装というのは確かに時間のかかる作業ですが、早くできればいいといったものではありません。しっかりと丁寧に直しますからこそ、傷が目立たない仕上がりとなるのです。一般的には板金塗装の流れが知られていないため、時間がかかり過ぎるといったイメージが定着している面もあるでしょう。

ではここで板金塗装がどのような流れで行われるのか?といったこと詳しくみていきます。

板金塗装の流れ

車の板金塗装は、一般的に11の工程に分かれます。

傷の確認

傷の大きさや深さ、できている部位などを確認します。汚れがある場合はきれいに拭き上げ、細かな傷があるかどうかも確認します。

作業内容を決める

どういった方向で作業を行うかを決定します。パテを使用するのか、板金で直すのか、という判断をしておおまかな作業時間と見積もり金額を出します。

マスキング

下地に塗るサフェーサーが補修箇所以外にかからないようマスキングします。サフェーサーというのは塗装の下地のことで、塗っておくと色の乗りやすさが変わってくるのです。

足付け

足付けとは塗料の付着具合を向上させるために行うもので、被塗物の表面を凸凹に研磨します。塗装の表面積が広がり色が定着しやすくなるのです。

マスキングを剥がす

サフェーサーがしっかりと乾燥したら、マスキングを剥がします。

上塗り塗装の準備

塗装をするための準備段階です。今のままではサフェーサーによりできた段差が残っていますので、耐水サンドペーパーを使用して、段差を馴染ませます。

マスキング

上塗り塗装用のマスキングをします。塗装剤が他の部分にかからないよう、広範囲にわたりマスキングをします。

塗装作業

いよいよ塗装作業です。最初はベース色の塗装です。下地サフェーサーの色が見えなくなるくらいに塗り重ねます。その次はぼかし塗装です。車のボディと同じ色合いになるように徐々に馴染ませていきます。

クリアーコート

塗装にツヤを出すために、クリアーコートを塗ります。この段階でほこりが付いてしまうと凸凹ができてしまったりしますので、慎重にかつ一気に作業をすすめます。

塗装焼付け

高温ヒーターを使用しクリアーコートを焼付けします。これによりクリアーコートが引き締まり早期の劣化を防げます。

研磨作業

塗装した部分を磨き、ツヤを均一にします。

板金塗装は慎重に丁寧に行われるから仕上がりがいい

板金塗装は慎重に丁寧に行われるから仕上がりがいい

以上のような流れですすんでいくのが、一般的な板金塗装です。いくつもの工程に細かく分け、慎重に行いますので板金塗装後の車の傷は目立たなく、仕上がりも美しいものです。車の傷というのは自分で道具を用意し直すこともできます。しかし専門家による丁寧な作業の板金塗装の方が、確実に仕上がりが良くなるのでおすすめです。

まとめ

車にできてしまった傷というのは、傷の状態によってはそのまま放置しておくのは良くありません。方法として、自分で直すというものと業者による板金塗装がありますが、おすすめは業者による板金塗装です。業者による板金塗装は丁寧な流れで慎重に作業してくれますので、仕上がり具合が非常に美しいです。

兵庫県新温泉町の「MATSUI MOTORS」では板金塗装をはじめ各種お車の相談を承っております。車のことならなんでもお気軽にお問合せください。