コンテンツ

車検ってどうするの?基本的な流れや点検項目をご紹介します

車検は法律で定められた義務というだけでなく、不良個所の早期発見のためにも必要な点検です。今回は、車検の基本的な流れや具体的な点検項目についてご紹介します。車を購入したばかりの方には、車検の概要がわからずどう頼んだらいいのか、お悩みの方も多いかと思います。ぜひこの記事を参考になさってください。

点検整備を依頼する

そもそも車検ってなに?

「車検」とは、公道を走るために義務付けられている自動車検査登録制度です。もし適切な時期に車検を受けませんと、安全性が保障されず故障や事故につながる恐れがあるのはもちろん、道路運送車両法違反によって懲役もしくは罰金に処せられます。また、車検時に更新される自賠責保険の期限が切れて、自動車阻害賠償保障法にも違反します。2つの違反点数を合わせると免許停止になってしまうのです。

車検を業者に依頼する

車検を業者に依頼する

車検を行う際、多くの方がお店に車検を依頼します。店に車検を依頼する際、まずは電話やインターネットでの受け付けが必要です。指定の日時に車を実際に持ち込んで、すでに不具合が生じている場所やこれから不具合が起こりそうな場所をチェックしてもらいます。故障部分が車検にどの程度影響があるか、実際に現段階でどの程度修理するかを相談して、見積を取りましょう。見積内容に了承しますと、実際の修理や車検にうつります。

点検整備を依頼できる業者

点検整備を依頼できる業者

 

それでは、車検はどのような業者に依頼できるのでしょうか。普段懇意にしているディーラーや自動車整備工場があれば、そちらに頼むことをおすすめします。不具合が出やすい箇所や修理履歴を把握しているからです。また、ガソリンスタンドや民間整備場、フランチャイズの車検業者でも受け付けています。

ちなみに、こうした業者に車検を頼まず、車の所有者自身が陸運局もしくは軽自動車検査協会に持ち込んで受けることも可能です。これを「ユーザー車検」と呼びます。ユーザー車検は費用が節約できる一方で、煩わしい書類作成など車の点検・整備に関する専門的知識が求められます。しかしプロの整備士による点検整備は、普段車に無頓着な人にとっては車の状態を確認するよい機会です。こうした業者に車検を頼みますと、書類をそろえて車を預けるだけで完了するため、多忙な人にとってもおすすめです。

車検における点検の流れ

陸運局では、法で定められた56項目について基準を満たしているか、分解・点検を行います。実際の検査項目は以下の通りです。

  • 同一性
  • 外廻り(ライトや車体といった外観部分)
  • サイドスリップ
  • スピードメーター
  • ヘッドライト
  • 排気ガス
  • 下廻り(オイル漏れやかじ取り装置といった車両下部)

「サイドスリップ」とは前輪タイヤの横滑りの度合いを検査するもので、どれだけ安定して直進できるかを確かめる検査です。ランプ類の検査では、色や明るさ(光量)、左右の位置や地面からの高さ(光軸)、操作通りに点滅・点灯を行うかを確認します。とくに光軸は運転の際に受ける振動の影響でずれやすいところですので、注意深い調整が必要です。

運輸局指定の自動車整備工場へ依頼する

運輸局指定の自動車整備工場へ依頼する

 

車検の際に行う点検には、分解・整備を伴います。こうした業務を行えるのは、運輸局から「認証」または「指定」を受けた整備工場だけです。認証工場とは、一定の広さ以上の作業場と作業機械、整備を有していることが認められた自動車整備工場を指します。また、認証工場の中からさらに厳しい基準を満たした一部の整備工場が、地方運輸局長から指定自動車整備事業の指定を受けられます。

このように「指定自動車整備工場」は厳しい認定基準を満たしている工場ですので、日々のメンテナンスから車検まで、安心して任せられるのです。「認証」「指定」どちらの工場も、目立つところに認証・指定を示すプレートが掲示されていますので、確認してみるとよいでしょう。

指定自動車整備工場ならスピーディな車検が可能

運輸局から認められた指定自動車整備工場は、「民間車検」と呼ばれることもあることからわかるように、車検場と同様の検査設備を有しています。また、国家資格を取得している自動車検査員がいて、保安基準の適合性を証明できるため、車を運輸局に持ち込んで車検を受けるといった流れを省略できます。整備工場内で車検が完結するため、車検にかかる日数を大幅に短縮することができるのです。スピードを売りにしている業者の中には、車検の所要時間が1時間という店もあります。

なお、車検の際に必要書類は、整備工場スタッフが陸運局に代わりに提出してくれます。所有者がするべきことは、必要書類をそろえて車を整備工場に預けるだけなのです。なお整備不良の車を誤って合格と判定してしまいますと、その整備工場は営業停止処分を受けてしまいます。そうならないよう、指定自動車整備工場は厳しい目で車の状態を確認します。そうした点でも、指定自動車整備工場には安心して預け、乗り続けられるのです。

法定項目以外のチェックも欠かせない

丁寧な整備工場ですと、車検の法定点検項目にない塗装やボディの錆といった部分まで確認してくれることがあります。こうした部分のメンテナンスは、愛車の性能を維持し、長く乗り続けるために見逃せないところです。

具体的にはオイルやラジエータ、ウォッシャーといった液体類の劣化・減少、ワイパーの摩耗、バッテリーの傷みといった箇所のチェックが挙げられます。実際に不具合が生じる前に対処できるよう、車検のタイミングでの確認がおすすめです。そのためには、車検にかかる日数に少し余裕を持っておきましょう。なかには車検の際に、室内や外装を簡単に清掃してくれる整備工場もあります。

まとめ

今回は、車検の基本的な流れや点検項目についてご紹介しました。

兵庫県新温泉町の自動車整備工場「MATSUI MOTORS」は、近畿運輸局指定自動車整備の認定を受けた工場です。「愛車をきれいに!大切に!長く乗る!」をモットーに、お預かりした愛車を丁寧に確認、アドバイスいたします。車検をご検討の方はお気軽にご相談ください。