コンテンツ

費用が安ければ良い?車検を受ける方法と選び方とは?

車というのは維持費がかかるものです。なかでも車検というと大きなお金が必要になります。近年の車検の方法にはさまざまなものが登場しています。そして費用が割安で済むものもありますが、安直にそれを選択するのは危険です。ここでは車検の種類とそのメリット・デメリット、そして選び方をみていきます。車検で最重要視するべきものが何か?といった点も詳しく述べていきます。

必ず受けなければならない車検。選ぶ基準とは?

必ず受けなければならない車検。選ぶ基準とは?

 

自動車の車検といいますと、必ず受けなければならないものであり、受けずに車検満了を迎えてしまいますと、その車は運転できなくなってしまいます。新車の場合登録から3年後、以降になると2年ごとに車検を受けなければなりません。

そんな車検にはいろいろな方法があり、工程や費用も異なります。自家用車を維持するのにはけっこう高額な維持費が必要となり、車検はそのなかでも大きな割合を占めています。よってできるだけ安い金額で済む車検の方法を選びがちになってしまいますが、安ければその分自分の労力が必要だったりしますので、決して安ければ良いというものではありません。

では数ある車検方法のなかからどれを選ぶべきなのか?その選び方をみていきましょう。

車検にはどのような種類がある?

先にも述べていますが、車検というのはいくつかの方法に分けられます。その方法を細かく述べていき、そのメリットやデメリットについてもみていきましょう。

車検を業者に任せるか?自分で行うか?

最初の分け方として、車検を業者に任せるか?それとも自分で行うか?また一部分だけ業者に任せるか?という3つに分けられます。

業者による車検

業者に車検に関するすべてを依頼するものです。車検というのは車に異常個所がないかどうかの点検、異常があった場合の部品交換、そして異常がない状態の車を陸運支局に持っていくという工程に分かれています。そこで検査ラインに通し書類を作成し検査に合格できれば車検完了となるのです。

このすべての工程を業者に依頼するのが一般的な車検の受け方です。自分にかかる手間が少なく代車も準備してくれるといったものや、業者による点検・整備を受けられるので安心できるというメリットがある反面、費用が高くなるといったデメリットがあります。

自分ですべて行う車検

車の点検・整備、そして陸運支局に車を持っていき書類を作成し検査を受けることまですべて自分で行う車検方法です。「ユーザー車検」という呼ばれ方をされています。

ユーザー車検の一番のメリットは何といっても、費用が格安で済むというところにあります。業者にすべて任せる車検と比べたら、その費用は半分以下で済むでしょう。

しかし、車の点検整備にはある程度の設備や知識が必要なことから、すべて自分で行うのが現実的でないということ。また陸運支局は平日しか開いていませんので、平日に時間が取れないと受けられないといった面があります。

一部だけを業者に任せる車検

ユーザー車検のデメリットを一部補えるのがこの方法で、一般的に「車検代行」と呼ばれています。

車検代行では陸運局に車を持っていき書類の作成や検査ラインへの搬入などを行ってもらえます。点検・整備を済ませていれば依頼でき、ユーザー車検の次に費用が安く済むでしょう。平日に休みが取れない人にはおすすめです。

業者に依頼する車検と依頼の仕方

業者に点検・整備から陸運局への持ち込みまですべてを業者に依頼する車検ですが、その依頼する業者によっても分けられます。

ディーラー車検

自動車ディーラーに依頼する車検方法です。ディーラーというのは主に新車を販売する店舗ですが、点検・整備や、車検も請け負ってくれます。ディーラーではユーザーからの信頼を大切にしていますので、レベルが高く高品質の点検・整備を行ってくれます。またサービスも充実しており、車検で定められた点検項目以外の箇所も点検してくれたり、車検整備保証などをつけてくれたりするでしょう。

しかし費用が割高であったり、自社メーカー以外の車に関する知識が少ないといったデメリットがあります。

車検専門店での車検

車検のみに特化しているのが、フランチャイズ化している車検専門店です。
価格設定が安めであり、作業時間も少ないといったメリットがありますが、車検に必要でない項目の点検・整備は行ってくれないので、車検後に車に異常が見つかるといった事態も起こり得ます。

ガソリンスタンドでの車検

最近のガソリンスタンドには国家整備を配置しているところがあり、そのようなところでは車検を受けられます。

いつも通っているガソリンスタンドでそのまま車検の受付をするといった手軽さがメリットですが、整備士のレベルにバラつきがあり、設備も不十分だったりする場合がありますので、点検・整備の質は高くないと言えます。

民間整備工場の車検

自動車整備工場やモータースといった名前の整備工場を通して、車検を受けられます。

民間整備工場ではディーラーと異なりいろいろなメーカーや車種に対応してくれるでしょう。また整備工場なので設備が整っており高いレベルでの点検・整備を行ってくれます。整備士のレベルも安定して高いですので、質も高いといえます。それでいて価格設定も低くなっているのが民間整備工場のメリットです。

デメリットとしては、基本的に土日祝日は営業していない点が挙げられます。

車検の選び方。重要視するべきものとおすすめは?

車検の選び方。重要視するべきものとおすすめは?

車検を選ぶ場合には、費用も大事ですが、点検・整備の質を重視しましょう。点検で発見できなかった故障が起きて、運転者や同乗者が被害を受けるよりも、レベルの高い点検・整備を受けて安心したカーライフを送れる方が良いでしょう。

ユーザー車検や車検代行を選ぶよりも、業者による車検がおすすめです。なかでも高レベルの点検・整備を受けられ、価格も安めの「民間整備工場による車検」がおすすめです。

まとめ

車検にはいろいろな方法があります。自分で一から十まで行うもの、業者にすべて任せものなどがありますが、おすすめは業者に依頼する車検です。費用面を最重要視するよりも、安心して乗ることのできる点検・整備を大切にしましょう。

そのうえで安めの価格設定となっていて、しっかりとした点検・整備が受けられる「民間整備工場」による車検を選んでください。

兵庫県新温泉町にあります「MATSUI MOTORS」では高レベル・高品質の車検を承っております。第1・3・5の日曜日と祝日以外は営業しております。お仕事がお休みの際などご都合のいいときに、ぜひご来店ください。