初心者の方必見!車のオイル交換の役割や頻度について詳しく解説

オイル交換

車を乗り続けていくためには、さまざまなメンテナンスが必要となります。ただガソリンさえ入れていればいいというわけではありません。メンテナンスの中でもオイル交換は重要なものであることをご存知でしょうか。
そこで今回は、車のオイル交換の役割や頻度についてご紹介いたします。免許をとったばかりの初心者の方はとくに参考にしてみてください。

車のオイル交換の役割

車のオイル交換といえば、エンジンオイルの交換のことを指します。エンジン内での潤滑や冷却など、オイルがあることによって正常に稼働するようになっているのです。そんなエンジンオイルの具体的な役割としては以下が挙げられます。

摩擦軽減

エンジン内は多くの金属が組み合わさっています。オイルがない状態では、摩擦が発生してしまい、パーツの劣化や故障につながってしまいます。スムーズな稼働もできなくなってしまうでしょう。そこで、オイルが潤滑剤となることにより、摩擦を防ぐ効果があるのです。

エンジン内の冷却

エンジンが稼働することで内部は高温状態となります。そのままでは、オーバーヒートを起こしてしまいかねませんが、オイルがその熱を吸収して冷却してくれるのです。

隙間を埋める

エンジン内部のピストンやシリンダーなどの部品はどうしても隙間が発生してしまいます。しかし、エンジンオイルがあることにより、その隙間をオイルが埋めてくれるので問題を防いでいるのです。

汚れ排除

使用していく中でエンジンには徐々に汚れが蓄積されていきます。オイルがその汚れを吸着し、分散させる効果があるのです。汚れが溜まると、エンジンの寿命が短くなるなど故障へとつながります。オイルがあることによる効果がとても大きいのです。

車のオイル交換の頻度

オイルは次第に減っていっていくと同時に、汚れを吸着することで汚くなっていきます。そのままいつまでも使い続けるとかえってエンジンに対してダメージを与えてしまうことになるでしょう。そのため交換が必要になるのですが、気になるのは適した頻度ではないでしょうか。
定期的といってもまだまだ問題がない状態で交換してしまうのはもったいないと思うでしょう。まだ大丈夫だと思っていたら実は限界を迎えてしまっていたなんてことも少なくありません。そこで目安となるのが走行キロ数です。

基準となるのは「3,000km」です。前回オイル交換をしてから、3,000km以上走行したタイミングでそろそろオイル交換を検討するといいでしょう。少なくとも5,000kmを超えてしまう前には交換しておくことをおすすめします。

走行距離だけでなく、メーカーの推奨時期あるいは経過日数も目安となるでしょう。自動車メーカーは各自エンジンオイルの交換推奨時期を公開しています。自社の製品に対して目安として提示しているタイミングですので、それを信じて行なうというのも一つの手段です。
経過日数に関しては、交換してから3〜6ヶ月を目安としましょう。あまり運転をしない場合には、いつまでも走行距離が3,000kmに達しないことも考えられますので、経過日数を参考に交換をすれば大丈夫です。

車のオイル交換の方法

ご自身でオイル交換することも可能です。業者に頼む方がほとんどでしょう。しかし、いざというときに役立つスキルでもありますので、知っておいて損はありません。車種などによって若干異なる部分もありますが、基本的には以下の流れで行なうことになります。
オイルの抜き方には上抜きと下抜きの2種類がありますので、それによって方法も異なります。

上抜きの場合

最も一般的な方法がこの上抜きです。ボンネットを開けて、上からオイルを抜くことになります。
まずは暖機運転によってエンジンオイルを温めましょう。5分ほど温めたら、エンジンを止めてオイルフィラキャップを開けます。オイルレベルゲージを抜き、そこへ オイルチェンジャーノズルを差し込みましょう。あとはそのままオイルチェンジャーを使ってエンジン内のオイルを吸い出します。吸い終わったら新しいエンジンオイルを注ぎましょう。最後に1分ほど暖機運転を行い、オイルの量が適正であるか確認をすれば完了です。

下抜きの場合

暖機運転をするのは上抜きと同じですが、その後は車をジャッキアップして浮かせます。車体の下からオイルを抜くことになりますので、作業ができるように空間を作る必要があるのです。
車体を浮かせたら、オイルパンというオイルの溜まっているパーツが見えるようになりますので、その真下にオイルを溜める容器の設置をしましょう。オイルパンのドレンボルトを緩めるとそこからオイルが流れ出てきます。重力によって全てのオイルを抜き出しましょう。ドレンボルトのワッシャーを新品に交換したら完了です。ジャッキも取り除き、最後に上からエンジンオイルを注ぐだけです。

車のオイル交換は業者に依頼しましょう!

ご自身の手で車のオイル交換をすることによって、手間やコストを抑えられるというメリットがあります。しかしながら、業者に依頼して行なうことをおすすめします。知識や経験として身につけておくことはとても意味のあることですが、万が一のことを考えると危険です。

オイル交換を自ら行ったところ、オイルの量が適正でなかったり、オイルが漏れてしまっていたりといった失敗も少なくありません。ただそれだけで済むような問題であればいいのですが、最悪の場合事故に繋がる恐れもありますので、慎重に考える必要があるでしょう。

確実かつ安全にオイル交換を行うのであれば、プロである業者の方に依頼するのがいちばんです。おまかせするだけで完了しているのは気が楽ですし安心できます。

まとめ

適切なタイミングでオイル交換をしないと、車が故障してしまう恐れもあります。そうなってしまってからの修理代などはかなりの負担になってしまいますので、しっかりとメンテナンスしましょう。「松井モータース」では、板金塗装をメインで請け負っておりますが、車のオイル交換ももちろん対応可能です。まずはお気軽にご相談ください。